>
住宅ができるまで
ハウスメーカーとは違うこと
工法・構造のこと
附帯設備のこと
家族と間取りのこと
手入れとアフターサービス
建築実例
お問合せ

長年住み続けると、ある時期を基点としていろいろな不具合が出てきます。建築物は生き物と称されることもあるぐらいですから、家に対する手入れは不可欠になってきます。ここでは、新築の住宅に入居されてから、という設定でお話させていただきますが、必ずしもこの内容に合致させ、すべてを満足しなければならない、というものではないことを申し添えておきます。オーナーの考え方もありますので、大まかな設定しかお話できないことをご了承ねがいます。

1-住み始めてから5年目程度

当面のメンテナンスは必要なく、基本的な凍結防止の水落としや、日常の清掃で十分です。ただし、磨耗程度の大きい床面はある一定時期(1〜1.5年程度)で表面保護を目的として、「ワックス」掛けを行ってください(市販品で十分です)。また、壁や天井、住宅設備は汚れたらその都度汚れを落とすことを念頭においてください。放置した汚れは固化すると取れなくなる場合がほとんどです。もし、何らかの原因で不具合が発生した場合は、この時期としては製品保証や施工保証の範囲内ですので、一度施工した建設会社に相談してみてください。

▲TOP

2-5年目程度から10年目程度

外部は、日当たりの良い面における、外壁や屋根の塗装が薄くなったりしてきます。外壁に使用する通称「サイディング」や屋根の「鉄板」はメーカーのその品質により異なりますが、サイディングにおいては表面塗膜(塗装)に10年間の、鉄板においては赤錆が発生しないことに10年間の保証をしたものがありますので、新築当初からこれを確認してなるべくこれらを選定したほうが良いと思います。当社では、これ以外の製品は基本的にお勧めしておりません。内部は、壁や天井の隅において、クロスの隙間が発生したり、ドアや引き戸の調子が悪くなってくると思います。クロスの隙間は、ある程度の伸縮を重ねてできるもので、建築物の不具合には該当せず、製品と施工品質の経年劣化と判断します。これは、有害な「浮き」などが発生した場合を除き、隙間を埋めるもの(コーキングのようなもの)がありますのでこれで処理しましょう。ドアや引き戸の調子が悪くなるのも、木の本来持っている「伸縮する」という性質の現れた結果で、これも不具合には該当しません。ドアや引き戸は、ある程度の調整幅を持たせて取付けられていますので、施工した建設会社にご相談してみてください。

▲TOP

10年目程度からそれ以降

この時期は、住宅に使用された木が乾燥収縮を繰り返し、ある程度落ち着いてきます。また、製品保証や建築基準法による構造上重要な部分における、瑕疵担保の義務が終了することとなります。よって、これ以降はオーナーの判断により、長く住み続けることのメンテナンスを行っていかなければなりません。大体の無償期間は過ぎ、これからはほとんどが有償扱いとなります。「10年目程度からこれ以降」としたのは、次にお話しすることを20年目、30年目と10年サイクル以内で、同様のメンテナンスが必要になることを申し添えておきます。ただし、製品劣化におけるメンテナンスができなく、例えば交換を必要とする場合も出てくることもあります。見ただけではわかりづらいこともありますので、施工した建設会社にご相談してみてください。ただ、この時期がくると施工した建設会社とのお付き合いもなくなり、当社にご相談される方も多く、ありがたいお話ではありますが、同業者として寂しい限りではございます。前置きが長くなりましたが、以下のような部分で必要なメンテナンスが考えられますのでご参考にしてください。

▲TOP

屋外

屋根

鉄板の表面に塗られた塗膜(塗料)が劣化し、色落ちや塗膜がすでになくなり、素地が露出して赤錆を発生していることがあります。近年の「無落雪」形状の屋根ですと、上の部分が目で判断できないので昇降設備を設け、実際に屋根に上ってみることが必要です。10年目程度の1回目であれば、不良部分(錆発生部分など)を除去し塗装による塗替えを行ってください。塗料もその品質により、アクリル系、ウレタン系、シリコーン系、フッ素系と種類があり、塗った後の劣化する期間が違います。この劣化する期間と考えられているご予算とを照合し決定してください。

▲TOP

外壁

窯業系の通称「サイディング」では屋根と同じく塗膜(塗料)が劣化してきます。10年目以前の時期(7〜8年目)にクリアー塗膜を形成してくださいというメーカーもありますので、これを選択した場合は新築当初の資料等で確認してください。 屋根と同じく「サイディング」の基材に有害な欠陥がなければ塗替えで対応するのがコスト的に有利でしょう。塗料の種類もいろいろありますし、塗料のメーカーでは改修のシステム化を行っているところもありますので、資料を基に検討してください。また、10年目程度では発生しづらい「サイディング」の基材における、有害な欠陥が20年目程度になると、発生してくる可能性を含みます。北側の日当たりが悪く、空気によどみがあり、湿度が高い場所での発生がよく見られます。この場合、他の部分はある程度良好な場合があり、この欠陥が発生している部分を除去し、同質材料で修繕した上で塗替えを行うことにより対処できるかと思いますが、この欠陥部分の程度によっては、建物の内部にまで及んでいることが希にありますので、欠陥部分については調査を行った上で、塗替えをすることが良好だと思います。

▲TOP

軒裏

軒裏に張られている材料は、主に石膏スラグ系かパルプセメント系の通称「スレート」と呼ばれるものがほとんどで、本来これには防水性がありませんので、現地で塗装されたものだと思います。(塗装品もあり) 直接、雨がかりとなる部分ではなく、この部分が劣化しているという場合の原因は、塗装の経年劣化かもしくは軒先部分だけの「すがもり」の可能性があります。塗装の経年劣化は状態にもよりますが、塗替えできれば幸いです。「すがもり」に関しては、現地の状態により相当数の原因が考えられますし、修繕方法も多岐にわたりますので、ここでは省略します。もし、これが見受けられるようでしたらご相談ください。

▲TOP

コーキング

窓の周りや、サイディングの目地に使われているコーキングは、そのゴム状の柔らかい性質を保持していることが最良の状態です。硬化して硬くなり、ひび割れをおこしているようであれば、その部分を除去し再度施工しなおすか、もしくは状態によりますが、上から被せて施工する方法もあります。最近のコーキングに使用される材料のシーリング材は、数年前に比べて格段にその性能を向上させています。よって、仮に硬化状態となりひび割れが発生していたとしても、直接建物内部に水が浸入してくる可能性は低くなっています。それよりも心配なのは、ひび割れにより多少の水が付着し、それがサイディングの基材に浸入て、マイナス気温の場合には、その水が凍りついて体積膨張を発生し、サイディングの基材に欠陥を及ぼすことが考えられます。見た目には判断しづらいので、施工した建設会社に相談してみてください。

▲TOP

基礎

通常住宅の基礎の外周部には、モルタルを塗り仕上げられています。汚れや付着物がついた場合は、多少の水洗いでも大丈夫ですので清掃してください。床下換気口がある場合は、住宅の床下部分の換気を目的として設置されていますので、開放状態にするよう心がけてください。閉め切っていると、床下の空気が水分を含み、木で作られている部分が腐朽してきます。しかしながら、冬の期間は凍結防止のため閉鎖してください。床下が乾燥した状態であれば、冬の期間は湿度が低いため、この中が多湿になることはないでしょう。見た目に「あれっ」と思う基礎の外周面における亀裂ですが、仕上げられたモルタルに発生していることがあり、その内部は問題がなかったりします。仮に基礎部分に亀裂が発生したことが見られた場合にも、ヘアークラック(髪の毛の太さ程度の亀裂)であれば、コンクリート自体の品質による収縮亀裂の可能性があり、構造上の欠陥ではないことがあります。基本的に当社を含め建設会社は、その土地における地耐力や土の持っている性質を確認し、基礎の設計をしますので安心していただきたいと存じます。(最近新聞をにぎわせたA設計などは含みません)もし、不安になる要件がございましたらご相談ください。

▲TOP

窓・玄関

北海道で使用されている窓に用いるガラスは、空気の層をガラスで挟み込んだ複層ガラス(ペアガラス・トリプルガラス)が多く採用されており、これは断熱性能も高く結露も少ないものになっています。複層ガラスはメーカーにより、その性能値を10年間保証しているもの多く、ほとんどがメンテナンスフリーの状況にあるようです。以前、複層ガラスの空気の層に水が入ったということがありましたがメーカーの対応により、製品保証の範囲内として処理されました。玄関廻りでは玄関ドアと床に使われるタイルの劣化が考えられます。玄関ドアは鋼板製、アルミニウム製、木製などいろいろあり、製品の本体部分まで腐朽することは希ですが、表面材の変色や腐朽はあり、塗替えが特殊な工法によるものもありますので、施工した建設会社に相談してみてください。また、床にタイルが張られている住宅は、タイルの「浮き」が発生してくることと思います。これも経年劣化によるものがほとんどで、タイルの接着能力が劣化したことによるものです。軽打して空隙があるような音がしたら、「浮き」が発生していますのでその部分または全部を取り除き、張り直しができますので対処してください。なお、よく聞かれることですが、モルタルやコンクリートにはその性質上、特殊配合をしたものを除き、原則として防水性能はありません。

▲TOP

屋外に関しては、ある程度の専門的な知識や経験が必要とされますので、塗替えのチラシが入ってきて、これがまた安かったので依頼した、ということにならないよう願っています。また、安かったので依頼したということでも、その施工方法と使用する材料の品質を理解したと判断されています。当社では、より品質の良い物を、最善の施工条件と方法で、確実により安価に提供することを念頭にお客様と協議させていただきます。

ホームトップ