住宅の建設地のこと
外構工事のこと
税金・登記・所有権のこと
お問合せ
雪原

住宅を建設するにあたり所有または購入、贈与の土地が、希望された住宅の要件に合致するかどうかの判断は、法的な縛りが主に規準となります。市町村や地方公共団体では、住宅地域、商業地域、工業地域、農地、調整区域、無指定地域などさまざまな規定を設定し、周辺の環境に合わせた街づくりを策定しています。土地の面積に対し、建築できる建物の面積に上限があり、これ以下に計画を立てていくことが前提となります。また住宅地では、隣との境界線から建築物の離れの距離に規制がある区域や、北側における高さの制限を規制している区域などいろいろあります。基本的には商業系の地域には高層建築物が可能で、住居系の地域には低層建築物によるものを求めています。2階建ての住宅が並ぶ町並みの中には、15階のビルは建っていませんし、もし建っていたら変ですよね。 あわせて、消防の防火・消火業務に支障を来たすことなく、火事の際には隣家へ燃え移らないような構造と敷地内の配置に関する規制もあります。建築基準法始めいろいろな法律は、原則として住民の安全を確保する観点から制定されていることをご理解願います。建設業を営むものとして、これに対する順法性を確保することが最低条件と判断しています。これらの法律的な要件はここでは説明しきれませんので、あえて触れることはしませんが、いろいろな地域の中において、それぞれが共存しあえる空間の形成をと考えております。ある程度の時期に来ましたら、計画すべきものの住宅の概要ができますので、これを法的な範囲で合致させていくという作業が必要になってきます。建設地が決定しましたら、当社において法的に可能な範囲の建築概要を調査させていただきますので、これに基づき計画を進めていくということになります。また、この土地の地耐力やその性質について、ある程度のデータは蓄積されたものがありますので、必要に応じ調査等を重ねていくことになります。もし、これについてわからない点や、ご自身の土地について調査したいことがありましたら、お問い合わせください。

ホーム