住宅の建設地のこと
外構工事のこと
税金・登記・所有権のこと
お問合せ

土地を購入または譲り受けた場合で、融資による建設を希望される方は所有する権利をそのオーナー本人一人または、収入合算する方と共同により所有するという権利を発生させなければなりません。これは融資するにあたり、所有権となる土地(建物を含む)に金融機関が抵当権を設定するためのもので、融資する方(債務者)の所有権がなければ実行できないこととなります。登記とは、法務局で行う所有権の設定業務のことをいい、保存登記や移転登記を行います。抵当権の設定も法務局で行います。一般的に皆さんが出向くことのない機関ですので、理解しづらいかと思いますが、こういう手続が必要となることを覚えておいてください。いずれも無料ではなく、専門の業者(司法書士など)がおり、当社で斡旋はしますが費用は負担しなければなりません。一連の業務が完了すると、融資する方の持ち物となり、今度は税金が発生してきます。土地を購入した場合は不動産取得税、土地を譲り受けた場合は贈与税、毎年課金される固定資産税…と、いろいろ請求書が役場から送られてきます。住宅取得に際しては減税措置がありますので、詳しいことはTOPページの「お金のこと」から入ってください。理解しづらい内容なので、ぜひお問い合わせください。
「お金のこと」へ

ホーム