お金のこと

まえがき

マイホームを取得するために先立って必要なことは、資金計画や返済計画を綿密に考える必要があります。…とは言っても大方の人は初めてのことですし、この内容についてはわからないことがほとんどですので、迷ってしまうのは当たり前のことで、言葉ひとつとっても理解しづらいことだと思います。資金計画の中で、全額手持ち資金によるもので建設もしくは購入されるかたは割りと早いのですが、融資による資金を計画されている方にとっては、特に難題な内容が銀行側から提示されてきます。融資機関もいろいろあり、金融機関によってもさまざまな金利を設定していますが、ここでは住宅金融公庫による融資を目的とした内容のものを紹介していきたいと思います。審査や設計基準は法的なもので設定されていますので、建築物の質が問われる内容のものとなっています。手続は民間の金融機関より多少面倒なものになりますが、住宅金融公庫の内容を理解していればすべてが把握できることと思います。要点を上げると以下のような内容を検討する必要があります。まず、この内容を確認してご自分なりに判断してみてください。

check諸費用を含めた総費用を確認する。

check自己資金は総費用の20%から30%を用意がする。

check基本として長期固定金利型の融資を中心とした計画する。

check○○万円借入できるかよりも、毎月○○万円返済できるかを計画する。

check毎月の支払金額を基本に返済する。

check返済期間と完済時の年齢を考えて計画する。

check毎月の支払額以外の支払いも考慮して計画する。

checkライフサイクルを念頭に計画する。

check返済方法は自分の生活に合ったものを選ぶ。

ホームトップ